愛猫が病気になった時の体験談記事一覧

日本猫の雑種だった愛猫は、まだ1ヶ月ぐらいで捨てられていて、猫風邪をひいていたのを保護してずっと愛情をかけて育ててきました。とにかく食欲が旺盛な子で、子猫と思えないほどの量のキャットフードを食べるのが当たり前でした。そんなおかげで、あっという間に6キロ越えの大きな猫に成長しました。太り気味ながら、そのまま大きな病気もせずに10歳の誕生日を迎えたのですが、この頃からちょっとした異変を感じ始めたのです...

人間なら「痛い、辛い」と伝えることが出来ますが、犬や猫はそうはいきません。猫の異変に最初に気付いたのは、食欲が落ちた事でした。しかし、人間でも食欲のない日はありますし、反対に過食する日もあります。夏でしたし、多少の食欲が落ちた所でそんなに気にすることはなく、様子を見ることにしました。日に日に、ご飯を残す量が増えてきました。しかし、獣医さんが大嫌いな猫。ゲージに入れるのも一苦労です。食欲が少し落ちた...

我が家では猫を多頭飼いをしているので、誰が具合悪いのかが分からない時があります。異変が起きていても、すぐには気付いてあげることが出来ない事もあります。そんなある日、朝起きると、床に胃液のような黄色いものが点々と吐かれていました。部屋毎にいる猫の数が決まっているのですが、その部屋には2匹の兄弟猫がいました。吐いているその胃液の量が増えてきて、1匹が全然キャットフードを食べなくなり、1日中ぐったりをし...

我が家の愛猫のお話ですが、前日までは特に何も無く元気にしていたのですが、急にある日の朝に吐き始めました。1度だけ吐いてケロっとしているなら様子見で心配ないのですが、今回は立て続けに何回も吐いてぐったりとし、黄色い液体しか出ない状況となり、これはいつもと違うと感じて急いで動物病院へと向かいました。病院で検査行きつけの動物病院で獣医さんに状況の説明と吐いたものを見せたところ、何かを誤飲したのか、それと...

我が家には、6歳になるオスの猫がいます。家の外に出て行くのが好きで、朝から晩まで外で過ごしています。そして、ご飯を食べたい時や気が向いた時だけ帰って来て、家に入ると決まって、「ニャー」と甘えた声を出します。玄関でひと鳴きする事がうちの猫の癖のようです。そんな我が家の猫ですが、半年ほど前、いつものように外から帰っても鳴かないことがありました。「あれっ?なんか変だな」と、その時は飼い主の勘が働いたのか...

我が家の猫は生後5か月で、里親さんから譲り受けた猫でした。来た時からぽっちゃりでよく食べる子でした。子供の時からよく食べ、そして吐き癖のある子でした。食べて時間が経ってから吐くというより、食べてすぐ吐く(吐出)タイプでしたが、吐いた後でもすこぶる元気で、又ごはんをねだる子でした。そんな猫ちゃんでしたが、7歳半を過ぎた頃、ちょっとした異変に気が付きました。鼻かのどの奥から「ぶ〜ぶ〜」といういびきのよ...

来週で満8歳になるアメリカンショートヘアの女の子がいます。私が彼女の病気に初めて気づかされたのは、1歳になったときになにげなく受けた「キャットドック」でした。参考:キャットドッグ - Wikipeda特に気になる点があったわけではないのですが、人間も年1回健康診断をするのだからと思い受診しました。その時に、遺伝性の「多発性嚢胞腎」と告げられました。この病気は人間にも存在するのですが、国の難病指定さ...