猫の食欲がない、吐き気が止まらない!そんな時はすぐ動物病院へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

我が家では猫を多頭飼いをしているので、誰が具合悪いのかが分からない時があります。

 

異変が起きていても、すぐには気付いてあげることが出来ない事もあります。

 

そんなある日、朝起きると、床に胃液のような黄色いものが点々と吐かれていました。

 

部屋毎にいる猫の数が決まっているのですが、その部屋には2匹の兄弟猫がいました。

 

吐いているその胃液の量が増えてきて、1匹が全然キャットフードを食べなくなり、1日中ぐったりをしてしまうようになりました。

 

さすがにおかしいと思い、胃液を吐くようになって2日目、動物病院に連れて行く事に。

 

2匹だけ一緒にいる部屋だったので、どっちが具合悪いのかということにすぐに気付いたと思います。

 

他の部屋の場合だともっとたくさんいるので、誰が吐いたものなのか分からなかったかもしれません。

とりあえず注射

動物病院に連れて行ったところ、猫の吐き気は健康に影響がない場合もあるので、まずは吐き気止めの注射を打ち、そこで改善をしないようであれば、再診ということになりました。

 

その注射を打てば、食欲も出てくるだろうということだったのです。

 

しかし、注射は効果がありませんでした。

 

自宅に戻ってからも全く食べてくれないのです。

 

普段から食べているキャットフードに加え、スープになっているものを与えたこともありました。

 

しかし、それにも全く反応しないのです。

 

水分も取らないのに、ひたすら吐き続けたので、翌朝すぐに動物病院に連れていきました。

入院、そして検査

動物病院に連れて行ったところ、注射で改善しないのであれば、詳しい検査をしなければいけないということになりました。

 

そこで即日入院。

 

最初にレントゲン撮影をしたのですが、胃の中に何か入っているということはありませんでした。

 

バリウムで検査をしたところ、胃で止まってしまい、腸まで流れていないということが分かりました。

 

しかし、数時間後に下痢をしたので、腸閉塞というわけでもなさそうです。

 

レントゲンとバリウムでは原因が分からなかったので、全身麻酔を使って内視鏡検査を行いました。

 

そこで、十二指腸に炎症が見られるということが分かり、その細胞を採取して検査をすることになりました。

 

入院中も全く食べてくれず、点滴で栄養を摂取するしかありません。

 

看護師さんが様子を見ていて、「入院をしているという環境も関係しているのかもしれない」と感じたそうです。

 

そこで獣医さんと相談をして、1度自宅に戻ったらどうか、という提案がされました。

 

自宅に戻れば食べてくれるかもしれない、と思ったのだそうです。

 

さすがに帰ったばかりの時は食べようとはしませんでした。

 

それでも翌朝、少し食べてくれたのでほっとしました。

 

再度動物病院に連れていき、食べたのであれば自宅のほうがよいですね、ということになりました。

 

その後も段々食べるようになってきたのでほっと一安心。

 

検査結果も出たのですが、中程度の慢性胃腸炎ということでした。

 

悪性ではなかったのでガンというわけではありませんでした。

 

胃腸の薬を2ヶ月間飲み、今では具合が悪くなる前の状態まで回復しました。

〜投稿者からのコメント〜
夜中に胃液を大量に吐くようになりました。そして段々食べなくなってきたので、大慌て。様々な検査を行い、原因を究明しました。薬を飲み、今では元気になりましたが、一時は命さえも危なかったのです。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

愛猫の糖尿病が発覚してしまった!治療とその後の体験談
愛猫の可愛さのあまり食べさせ過ぎてしまい、肥満が糖尿病を引き起こしてしまいました。
猫が普段と違う行動をし始めたら注意が必要
猫が普段とちょっと違う行動をし始めたら、病気の初期症状かもしれません。
愛猫が膵炎になってしまった!治療から回復までの体験談
愛猫が膵炎になってしまいました。膵炎の治療から回復までの経過について体験談を書かせて頂きます。
猫が歩く時によろけたり、倒れてしまうのは前庭疾患かも?
我が家の猫が歩く時によろけたり、突然倒れて手足をバタバタさせた事があり、心配で動物病院に連れて行くと、前庭に異常が見つかりました。
猫が吐くのを甘く見てはいけない!重篤な病気の原因となる事も
猫は良く吐くと言われていますが、吐く事を甘く見てはいけません。今回は、実体験を基に、猫が吐く事の怖さを紹介します。
愛猫が治療法の無い難病「多発性嚢胞腎」と告げられた時の話
我が家の愛猫が治療法の無い難病「多発性嚢胞腎」と告げられた時の話を紹介します。