猫が歩く時によろけたり、倒れてしまうのは前庭疾患かも?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

我が家には、6歳になるオスの猫がいます。

 

家の外に出て行くのが好きで、朝から晩まで外で過ごしています。

 

そして、ご飯を食べたい時や気が向いた時だけ帰って来て、家に入ると決まって、「ニャー」と甘えた声を出します。

 

玄関でひと鳴きする事がうちの猫の癖のようです。

 

そんな我が家の猫ですが、半年ほど前、いつものように外から帰っても鳴かないことがありました。

 

「あれっ?なんか変だな」と、その時は飼い主の勘が働いたのか、嫌な予感がしました。

 

そして、ふと猫を見ると、なんだかおかしな歩き方をしていました。

 

いつも通りの歩き方ではなくて、ヨロヨロとバランスがとれないような感じで歩いています。

 

まっすぐ歩くこともできず、左右によろけながら歩いているような状態でした。

倒れて手足をバタバタするようになった

ヨロヨロして歩いているのを初めて見た時は、「少し具合が悪いのかな?」と思い、2,3日様子を見ておこうと思っていました。

 

というのも、よろけながら歩く状態は少しで治まり、その後は正常に歩くようになっていたからです。

 

うちの猫は病院嫌いで、病院に行くとストレスを与える事になる為、出来るだけ連れて行かないほうが良いと、飼い主としては考えていました。

 

その時も、すぐに正常になったので大丈夫だろうと思っていたのです。

 

しかし、それから2,3日程経った日の事です。

 

猫が帰ってくるなり、バタンと倒れたではありませんか。

 

そして、「ニャッニャッ」と短く何度も鳴きながら、起き上がろうともがいています。

 

しかし、どれだけもがいてもなかなか立ち上がれません。

 

その時は、「もしかしたら、外で悪いものでも食べたのかもしれない」と思いました。

 

それから1分ほどして症状が治まりましたが、今度ばかりは普通ではないと思い、すぐに動物病院に連れて行きました。

前庭疾患の可能性があると言われた

動物病院に行って症状を告げると、前庭に異常があって、バランス感覚がうまくいっていないのかもしれないと言われました。

 

そして、今度は獣医の先生が、猫の歩き方に異常があるか見る為に何度か歩かせましたが、何度歩かせても病院では何事もなく普通に歩きます。

 

先生も実際に症状を見てみないと、きちんとした判断は出来ないとの事でした。

 

そこで、その時は様子を見るようにと言われて帰りました。

 

その後は歩き方も正常に戻り、急に倒れることもありませんでした。

 

結果的には一過性のものだったようで、あれからは普通に過ごしています。

猫の癖を把握して少しでも異常を感じたら病院へ

猫や犬には突発的に起こる、前庭の病気があるそうです。

 

軽い場合はうちの猫のように自然に治ることもあるそうですが、最初は軽くても、次第に重くなっていく場合もあるのです。

 

飼い主が出来る事は、飼っている猫の癖や日頃の活動パターンを把握しておき、少しでも異常を感じたり、「何か変だな」と思ったらすぐに動物病院に連れて行ってあげる事です。

 

ちょっとした変化が重大な病気のサインになっているかもしれません。

〜投稿者からのコメント〜
我が家の猫がある日、よろけながら歩いたり、突然倒れて手足をバタバタさせた事があり、心配で病院に連れて行きました。結果的には自然に治りましが、ひどくなる場合もあるので、異常を感じたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

愛猫の糖尿病が発覚してしまった!治療とその後の体験談
愛猫の可愛さのあまり食べさせ過ぎてしまい、肥満が糖尿病を引き起こしてしまいました。
猫が普段と違う行動をし始めたら注意が必要
猫が普段とちょっと違う行動をし始めたら、病気の初期症状かもしれません。
猫の食欲がない、吐き気が止まらない!そんな時はすぐ動物病院へ!
猫の「食欲がなく吐き気が止まらない時は、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。
愛猫が膵炎になってしまった!治療から回復までの体験談
愛猫が膵炎になってしまいました。膵炎の治療から回復までの経過について体験談を書かせて頂きます。
猫が吐くのを甘く見てはいけない!重篤な病気の原因となる事も
猫は良く吐くと言われていますが、吐く事を甘く見てはいけません。今回は、実体験を基に、猫が吐く事の怖さを紹介します。
愛猫が治療法の無い難病「多発性嚢胞腎」と告げられた時の話
我が家の愛猫が治療法の無い難病「多発性嚢胞腎」と告げられた時の話を紹介します。