愛猫を想いながらキャットフードを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

*キャットフードの選び方
様々なキャットフードが売られている昨今、どのようにキャットフードを私が選ぶか…といったら、まずは猫の年齢に合っていて、安めなものを最初は手に取ります。激安は避けます。年齢を考えるのは子猫・成猫・老猫と年齢によって必要とする栄養やカロリーを考えて作られているそうなので。ただ、あまり関係ないみたいですけど。
あとはウェット系かドライ系か色々あります。基本的にはドライ系を買ってしまうと思いますが、ウェット系もドライ系に比べ水分を含んでいるので猫にはいいみたいです。
比較的ドライ系の方が安価でウェット系は割高な気がしてしまうので、たまにご褒美感覚であげるようにしています。
ただ、やはり猫にも好き嫌いがあるようなので、まず買ってみて食いつきがよかったら同じものを買い、全然食べなかったら新しいものを試すようにしているので、初めからあまり大きなものを買ってしまうと全然食べなくて捨てる…というよう事も。病気が見つかったりしたら、病院で薦められたお食事になりますので、おやつのあげすぎや食事には気を配ってあげた方が良いと思います。最近では手作りキャットフードもあるようで作り方もネットを調べれば出てきます。が、基本的に猫=猫まんま(ご飯にかつおぶし)はNGだそうです。猫の体質的に、穀物は消化しにくいらしいので寿命を縮めてしまう事になってしまうそうです。

 

*キャットフードの与え方
子猫の時にドライフードを与える時は、我が家では水で少々ふやかして砕いたものをあげていました。
本当は少量で数回に分けてあげるのがいいのでしょうが、ずっとついていてあげられるわけではないので、我が家では2〜3回程度です。
猫って結構きれい好きなイメージがあるので、食器類はまめな清掃をお勧めします。
食欲がない場合は、ウェット系のエサとドライ系のエサを混ぜてあげたりもしていました。病院で処方された薬を混ぜる場合は断然ウェット系のが楽です。
キャットフードのあげかたも、猫の年齢によって回数を多くしたり、少なくしたりする場合もあるみたいです。子猫や老猫は少量で数回に分けてあげたり。
あげる場所はやっぱり、いつも決まった落ち着ける場所で食べてほしいなとは思いますが、食欲が無く全然食べずに心配な時は、手から食べさしたり、においを嗅がせる為に顔の前に近づけたりしてあげたりします。

 

*総体的に思う事
キャットフードの選び方も与え方も猫の事を考えてあげれば、そんなに躍起になって調べたりその通りにしなくちゃいけないということはないのかなと思います。
長生きはしてほしいけど、猫のストレスになることはしたくないですし。それぞれの猫にとっていい事などを一緒に模索していけるのが一番いいことだと思います。

〜投稿者からのコメント〜
我が家基準で、調べたりしたことを書いてあります。当たり前の事ではありますが、猫にもそれぞれ好みがあると思いますし、少しでも猫ちゃんの為になれればいいなぁと思います。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

キャットフード選びは生後(年齢)で判断しよう!
キャットフードを選ぶ際は、愛猫の生後(年齢)でどんな物を与えるかを判断しましょう。
健康の事を考えたキャットフード選びとは?
猫の年齢や性別によってキャットフードの種類を変えていく事で、将来の健康に繋がっていきます。
成長に合わせたキャットフード選び!ドライとウェットどっちが良い?
キャットフードは猫の成長に合わせて選んであげましょう!ドライとウェットどっちが良いんだろう?
キャットフードは小分けパックを利用して鮮度を保つ!
キャットフードは小分けパックを利用して、鮮度を保つようにしてあげましょう。
愛猫に毎日美味しくキャットフードを食べて貰う為に出来る事
人間と同じ様に、猫も毎日ご飯を食べる訳ですが、愛猫に美味しくキャットフードを食べる為に出来る事を考えてみました。
食欲旺盛!若い成猫向けのキャットフードの選び方
若い成猫はとにかく食欲旺盛ですが、どうやってキャットフードを選べば良いのか?について書いてみました。
猫の年齢に応じたキャットフードの選び方
人間も年齢に応じて食事の好き嫌いが変わってくると思いますが、猫も年齢によってキャットフードの好き嫌いが変わってくるのです。
猫から見ても食べやすいキャットフードがある!水分と一緒に摂れるものがおすすめ
人間と同じく、猫にも食べやすいキャットフードというものがあります。水分と一緒に摂れるものがおすすめです。
キャットフードは総合栄養食でカロリー計算をしっかりしましょう!
キャットフードは総合栄養食を選び、しっかりとカロリー計算をして与えるようにしましょう。
猫の食事ケアと長生きの関係性について
猫のキャットフードによる食事ケアと長生きの関係性について書きました。
それぞれの猫にあったキャットフードを選んであげる
猫にもそれぞれ好みのキャットフードがありますので、それを見極めて与えてあげましょう。
好みの猫の餌を選ぶのは非常に難しい
猫の好みに合わせて餌を選ぶというのは非常に難しい事です。
今と昔の猫の餌の違い!猫の成長に合わせて変えていく
今と昔では猫の餌が違ってきました。猫の成長に合わせてキャットフードを変えていきましょう。
猫の餌は色々なものを新鮮な状態で与える
猫の餌として与えるキャットフードは、色々なものを新鮮な状態で与えてあげてください。
猫のウェットフードってどんなメリットがあるの?
キャットフードにはドライフードとウェットフードがありますが、ウェットフードにはどんなメリットがあるのでしょうか。