成長に合わせたキャットフード選び!ドライとウェットどっちが良い?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

猫を飼い始めた時、どんなフードを選ぶのかという事は結構大きな問題です。

 

猫の健康を考えるとプレミアムキャットフードが良いのか、と考えてしまうこともあるでしょう。

 

プレミアムキャットフードは確かに栄養バランスもしっかりしていますし、添加物なども極力抑えているので安心はできます。

 

それでも高額な場合が多いので、続けることは難しいかもしれません。

 

多頭飼いでなければ、プレミアムキャットフードでもよいでしょう。

 

プレミアムキャットフードを選ぶ場合、成長段階に合うものを選ぶことも大事です。

 

子猫の場合には1歳までの子猫用、その次がアダルト、7歳歳以上はシニア用など分かれているので、年齢に応じたキャットフードを選びましょう。

 

これは成長段階に応じて、必要となる栄養素やカロリーが異なってくることが理由です。

様々なキャットフードを与える

また、子猫の内に、様々なキャットフードを与えることも大事です。
1種類しか与えていないと、それが馴染んでしまい、そのキャットフードをしか食べなくなってしまう可能性があります。

 

子猫の内にたくさんの味を覚えさせるということも大事です。

 

色々とチャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

多種類のキャットフードを与えていく中で、お気に入りのキャットフードを見つけることが出来るかもしれません。

 

また、1箱の中に、様々な味のキャットフードが入っているタイプのものがあります。

 

猫が飽きないように工夫をしてくれているものなので、1箱の中で色々楽しめるものを購入してみるのも良いかもしれません。

 

そうすることによって、猫も飽きずにしっかりと食べてくれるようになるでしょう。

ドライ?ウェット?

キャットフードには大きく分けるとドライフードをウェットフードがあります。

 

ドライフードは「カリカリ」と呼ばれており、長持ちします。

 

栄養価も高いので、与えている人は多いです。

 

ウェットフードは缶詰タイプであったり、レトルトパックになっているものでその名の通り、水分量が多いです。

 

猫は元々水をあまり飲まない性質があるので、脱水症状を引き起こさないようにする為にも、ウェットフードを与えるとよいでしょう。

 

ドライフードよりもニオイが強いので、食にあまり興味を持たないような猫であっても食べてくれるかもしれません。

 

子猫や高齢猫など、歯が弱い猫にもウェットフードは食べやすいです。

 

ドライフードとウェットフード、半分ずつ与えるのがベストでしょう。

小分けパックのメリット

本来であれば、猫の体重に応じて与えるキャットフードの量は決められています。

 

しかし、そこまで計量をするのが面倒ということもあるでしょう。

 

そんな時に便利なのが小分けパックです。

 

1回分ずつ小分けになっているので、計量をする必要もありません。

 

また、小分けパックになっていれば酸化も防止してくれるので、開ける度に新鮮なキャットフードを与えることができるというメリットもあります。

 

大袋より割高だと感じるかもしれませんが、与える量がよく分からない場合にが小分けパックを使ったほうが面倒ではありません。

〜投稿者からのコメント〜
キャットフードの種類が多すぎて、どういうものを与えたらよいのか分からない場合があります。ドライフードもウェットフードも出来るだけ与えるとよいですし、様々なフレバーを与えるようにしましょう。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

キャットフード選びは生後(年齢)で判断しよう!
キャットフードを選ぶ際は、愛猫の生後(年齢)でどんな物を与えるかを判断しましょう。
健康の事を考えたキャットフード選びとは?
猫の年齢や性別によってキャットフードの種類を変えていく事で、将来の健康に繋がっていきます。
キャットフードは小分けパックを利用して鮮度を保つ!
キャットフードは小分けパックを利用して、鮮度を保つようにしてあげましょう。
愛猫に毎日美味しくキャットフードを食べて貰う為に出来る事
人間と同じ様に、猫も毎日ご飯を食べる訳ですが、愛猫に美味しくキャットフードを食べる為に出来る事を考えてみました。
食欲旺盛!若い成猫向けのキャットフードの選び方
若い成猫はとにかく食欲旺盛ですが、どうやってキャットフードを選べば良いのか?について書いてみました。
猫の年齢に応じたキャットフードの選び方
人間も年齢に応じて食事の好き嫌いが変わってくると思いますが、猫も年齢によってキャットフードの好き嫌いが変わってくるのです。
猫から見ても食べやすいキャットフードがある!水分と一緒に摂れるものがおすすめ
人間と同じく、猫にも食べやすいキャットフードというものがあります。水分と一緒に摂れるものがおすすめです。
キャットフードは総合栄養食でカロリー計算をしっかりしましょう!
キャットフードは総合栄養食を選び、しっかりとカロリー計算をして与えるようにしましょう。
猫の食事ケアと長生きの関係性について
猫のキャットフードによる食事ケアと長生きの関係性について書きました。
それぞれの猫にあったキャットフードを選んであげる
猫にもそれぞれ好みのキャットフードがありますので、それを見極めて与えてあげましょう。
愛猫を想いながらキャットフードを選ぶ
愛猫を想いながらキャットフードを選んでいきたいなと常々思っています。
好みの猫の餌を選ぶのは非常に難しい
猫の好みに合わせて餌を選ぶというのは非常に難しい事です。
今と昔の猫の餌の違い!猫の成長に合わせて変えていく
今と昔では猫の餌が違ってきました。猫の成長に合わせてキャットフードを変えていきましょう。
猫の餌は色々なものを新鮮な状態で与える
猫の餌として与えるキャットフードは、色々なものを新鮮な状態で与えてあげてください。
猫のウェットフードってどんなメリットがあるの?
キャットフードにはドライフードとウェットフードがありますが、ウェットフードにはどんなメリットがあるのでしょうか。