キャットフード選びは生後(年齢)で判断しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

可愛い猫の為に、毎日与えるエサもどれが良いのか考えてしまいます。

 

ドライタイプ、ウェットタイプ、粒の大きさや栄養等、様々な種類があるキャットフード、選ぶのに迷ってしまう事ありませんか?

 

毎回、説明書きを確認して購入するのも大変ですし、値段もかなり違います。

 

オススメなキャットフードの選び方を、簡単にまとめてみました。

猫の年齢(生後)で選びましょう!

キャットフードは年齢事に細かい規準があります。

 

猫の年齢は、生まれてからの生後で判断して下さい。

 

人間ならと置き換えず、実際の生後どのくらいなのか?で当てはまる数字が対象年齢です。

 

たまにとても安いキャットフードが、売されている場合があります、殆どが年齢表示していません。

 

それを子猫に与えてしまいますと、食べ難いと判断してしまい、その後全く食べない事もあります。

 

猫はデリケートな生き物です。

 

自分の好みではないと判断すると、お腹が空いても食べないのです。

 

子猫の場合は、慎重にエサを選び与える様にして下さい。

 

生後2か月位から、乳歯が生え始めます。

 

乳歯がまだ生えない場合は、猫用のミルクや離乳食を与えて下さい。

 

乳歯が生えて来たら、子猫用のキャットフードを与えても大丈夫です。

 

生後を確認して選ぶようにして下さい。

 

最初のキャットフードですから、子猫が食べない場合も想定して、小量小分けのタイプを数種類購入して、試すつもりで与えて見る事をオススメします。

 

子猫が好んで食べるなら、その後も食べます。

 

もし食べない様なら、そのキャットフードは好みじゃないと判断した可能性があるので、与えない物としましょう。

 

生後一年からは、一通りのキャットフードは与えても大丈夫です。

 

猫の体調により与えるようにして下さい。

 

細かく栄養重視、ダイエット用、高齢猫用等と体調に合わせたタイプもあります。

 

猫ちゃんに必要なキャットフードを選んで下さい。

ドライタイプとウェットタイプどちらが良い?

コスト的にはドライフード優れていて、エサを与える際に楽です。

 

種類により食べきりサイズに分かれているタイプもあり、とても便利です。

 

猫が食べやすく、好んで食べるのはウェットタイプですね。

 

缶詰のキャットフードの事です。

 

与えるのが少し面倒な事と、空き缶が多く出るのでゴミの処分も必要ですし、値段も高くなります。
比べると良いところ無いように思われがちですが、猫は間違いなくウェットタイプの缶詰が大好きですね。

 

缶詰を空ける音で直ぐに飛んで来て、直ぐにエサにかぶり付きます!

 

本当に美味しそうに食べますよ。

 

一方のドライフードは、食べますが好んで食べる感じではないです!

 

小量食べては残し、時間を置いてからまた少し食べる感じです。

 

中にゼリー状の物が入ったドライタイプもあります。

 

これは好んで食べますが、普通のウェットタイプの缶詰よりも高いです

 

両方の良い点を持つ新タイプだから仕方ないですが、どれを与えるかも猫を飼う為には大事な事です。

 

私は定期的にウェットとドライを与えています。

 

人間と同じで、毎日美味しい物を与えると太ったりわがままになりますから、ご褒美として週に1日は缶詰のウェットタイプを与えて、他はドライタイプにしています。

〜投稿者からのコメント〜
可愛い猫の為に知っておきたいキャットフードの選び方を簡単に紹介しています。ドライタイプやウェットタイプ、大きさや種類等、様々あるキャットフード、どれが良いのか迷ってしまいますね?そんな時に選ぶ規準、上手な選び方を紹介しています。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

健康の事を考えたキャットフード選びとは?
猫の年齢や性別によってキャットフードの種類を変えていく事で、将来の健康に繋がっていきます。
成長に合わせたキャットフード選び!ドライとウェットどっちが良い?
キャットフードは猫の成長に合わせて選んであげましょう!ドライとウェットどっちが良いんだろう?
キャットフードは小分けパックを利用して鮮度を保つ!
キャットフードは小分けパックを利用して、鮮度を保つようにしてあげましょう。
愛猫に毎日美味しくキャットフードを食べて貰う為に出来る事
人間と同じ様に、猫も毎日ご飯を食べる訳ですが、愛猫に美味しくキャットフードを食べる為に出来る事を考えてみました。
食欲旺盛!若い成猫向けのキャットフードの選び方
若い成猫はとにかく食欲旺盛ですが、どうやってキャットフードを選べば良いのか?について書いてみました。
猫の年齢に応じたキャットフードの選び方
人間も年齢に応じて食事の好き嫌いが変わってくると思いますが、猫も年齢によってキャットフードの好き嫌いが変わってくるのです。
猫から見ても食べやすいキャットフードがある!水分と一緒に摂れるものがおすすめ
人間と同じく、猫にも食べやすいキャットフードというものがあります。水分と一緒に摂れるものがおすすめです。
キャットフードは総合栄養食でカロリー計算をしっかりしましょう!
キャットフードは総合栄養食を選び、しっかりとカロリー計算をして与えるようにしましょう。
猫の食事ケアと長生きの関係性について
猫のキャットフードによる食事ケアと長生きの関係性について書きました。
それぞれの猫にあったキャットフードを選んであげる
猫にもそれぞれ好みのキャットフードがありますので、それを見極めて与えてあげましょう。
愛猫を想いながらキャットフードを選ぶ
愛猫を想いながらキャットフードを選んでいきたいなと常々思っています。
好みの猫の餌を選ぶのは非常に難しい
猫の好みに合わせて餌を選ぶというのは非常に難しい事です。
今と昔の猫の餌の違い!猫の成長に合わせて変えていく
今と昔では猫の餌が違ってきました。猫の成長に合わせてキャットフードを変えていきましょう。
猫の餌は色々なものを新鮮な状態で与える
猫の餌として与えるキャットフードは、色々なものを新鮮な状態で与えてあげてください。
猫のウェットフードってどんなメリットがあるの?
キャットフードにはドライフードとウェットフードがありますが、ウェットフードにはどんなメリットがあるのでしょうか。