猫の爪とぎで本当に困っているのは猫自身なんです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

そもそも猫はなぜ爪を研ぐのでしょうか?

 

きちんと爪切りをしてあげていても、嬉しそうに、人間がして欲しくない壁やソファなどで爪とぎをしてしまいます。

 

それは何も爪が伸びて気持ちが悪いからだけではないのです。

 

自分の縄張りを主張するために行う行為でもあり、もともと猫の本能に備わった、猫にとっては生きる上で大切な行為なのです。

 

ですので、「しつけ」=「人間の都合のいいように変える」という考えを、まず改めることが必要になってきます。

 

そもそもそんなことは無理なのです。

どうして猫はして欲しくない場所で爪とぎするの?

人間も猫も気持ちよく、したい事が出来た時には満足感が得られますよね。

 

人間は外で仕事なんかしていて、帰りにちょっとスイーツでも・・と自分で選択してストレスの解消が出来ますが、ずっと家にいる猫にはそんなことはできません。

 

せめて本能のままにしたいところで爪をとぎたい」ただそれだけなのです。

 

何も飼い主であるあなたに迷惑をかけてやろうとか、そんなことはこれっぽっちも思っていないのです。(たまにそのように見える表情をしますが。)

 

ということは、してほしくないところが猫にとってはとっても気持ちがいい場所なのです。

 

それは、感触なのか、爪をといだ時の音なのか、匂いなのか、角度や高さ・・・いろいろな要素があると思います。

 

そうして家の中でお気に入りの爪とぎ場所を見つけると、怒られてもおもちゃで誘われても、つい忘れられず同じ場所でボロボロになるまで爪をとぎ続けるのです。

どうしたらやめてくれるの?

人間も自分のお気に入りのお店が閉店したら、新たなお店を開拓しますよね。

 

あと、気に入ってた洋服が着られなくなったら新たに購入したり。

 

要は変わりがあれば良いんです。

 

猫だって、「ここでしたらダメ!」と言われて、毎回同じ段ボールで作られたホームセンターに売ってる一般的な爪とぎの前に連れてこられても、やっぱりあの場所が良いとなるわけです。

 

そしてあの場所はなくなっていないのです。

 

ですから、一般的な爪とぎでダメだったら、ちょっと違うものにしてみる。

 

ホームセンターで売ってる木の板を壁に立てかけてみる、爪とぎ付きのキャットタワーを置いてみる、山に行って木を拾って来て置いてみる・・これはちょっとやりすぎでしょうか?!

 

その子が気に入るような事を試してみてあげて下さい。

 

これには時間がかかるかも知れませんが、相当なこだわりを持っている猫でなければ、結構人間の愛情が伝わって、壁よりも、こちらが提供した代替品で本能を満たしてくれるようになります。

 

ただ、どうしても以前といでいた場所がボロボロのままで、匂いなどがついているとそこに立ち戻ってしまうので、修繕はきちんとしてあげて下さい。

 

ボロボロの壁紙は猫の興味を最もそそりますので。

 

猫の爪とぎをどうしてもやめさせたい場合は、「所構わず爪とぎをしていまう猫のしつけ方法」という記事をご覧ください。

それぐらいの愛情を注いでも惜しくない相手、一生のパートナー

猫は、夜中走り回ります。早朝にも走り回ります。

 

そうかと思えば昼間は寝てばかりいます。

 

子猫や青年の猫にそれは顕著です。

 

そしてそれは人間にとってしばしば大迷惑でもあります。

 

寝不足になったりもしますし、時には近所迷惑になるかも知れません。

 

もしあなたがこれから猫を飼おうと思っている人なら、そういう事も理解したうえで飼って欲しいと思います。

 

もしあなたが既に猫を飼ってしまい、これらの行動や爪とぎなどで困っているとしたら、猫を飼おう!と思った最初の感情に立ち戻って下さい。

 

あの猫の寝顔を思い出してみて下さい。

 

猫自体には何の問題もないのです。

 

本能でしてしまうことですから。

 

それよりも、この子が気持ちよく過ごしてくれるためにはどうしたら良いかを楽しみながら考えてあげて下さい。

 

時には、一緒になって爪とぎをしてみるのも良いかも知れません。

 

ここを気に入っている理由はなんだろう、と想像してみるのです。

 

それぐらいの愛情をもって接していると、猫は心を開いてくれます。

 

嬉しい時も悲しい時もそばにいてくれる一生のパートナーです。

 

あなたのそばで、どうしたらお互い楽しく一緒にいられるか、相手の気持ちになって考えることが重要です。

〜投稿者からのコメント〜
猫が流行になってしまっている今、安易に猫を飼い始める人が増えているかも知れません。そもそも愛情をもって飼いたいと思ったはずの猫。だったら理解しがたい迷惑な場所での爪とぎも、どうしてここがいいんだろう?と、愛するその子の気持ちになって、諦めず考えていくことが解決の近道になると思います。本文を読んでその気持ちに立ち返ってあなたのパートナーと共に歩んでもらいたいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

所構わず爪とぎをしていまう猫のしつけ方法
猫は所構わず爪とぎをしてしまい、家具やソファーを傷つけてしまいますが、そんな時のしつけ方法を書きました。
猫が粗相をしてしまった時に行うべき事
猫が粗相をしてしまった時に、ただ大声を出して叱るのではなく、きちんとした対処をしておきましょう。
猫ちゃんに自然に自分でトイレに行かせる3つのポイント
猫ちゃんに自然に自分でトイレに行かせる為のしつけとして大事な3つのポイントを紹介します。
キャリーケースを嫌がらない猫に育てる方法
病院に連れて行く時や引越しなど、猫をキャリーケースに入れて移動すると便利ですが、ケースに入るのを嫌う猫も多いです。
猫がカメラを嫌がらないようにしつける方法
自分のカワイイ愛猫を写真に収めたい人の為に、猫がカメラを嫌がらない方法を紹介します。
猫が合図で膝に乗って来るようになる方法
猫の飼い主の理想像と言えば、膝に乗った猫をなでながらリラックスして過ごす事ではないでしょうか。今回は、猫が合図で膝に乗って来るようになる方法を紹介します。
「猫を叩いてしつけること」は難しい
猫を叩いてしつけをする事は、実は非常に難しい事なのです。
猫の噛み癖は原因を探って直し方を探そう
猫の噛み癖には原因があるはずですので、それを把握した上で直し方を探した方が良いでしょう。
テーブルに乗ってしまう猫ちゃんのしつけ方法
思わずテーブルに乗ってしまう猫ちゃんのしつけ方法を解説します。